PR VPS比較

16GB対応のVPS【8社のVPSをわかりやすく比較】

  1. HOME >
  2. VPS >
  3. VPS比較 >

16GB対応のVPS【8社のVPSをわかりやすく比較】

この記事では16GBプランに的を絞り、16GB(RAM)に対応しているVPSを表を使ってわかりやすく直感的に比較できるようにしています。

記事の執筆・監修者

はやみん@ENGI WORKS
はやみん@ENGI WORKSシステムエンジニア
▼ENGIWORKS(エンジワークス)運営者 ▼本業はサーバー系、ネットワーク系の保守・運用・設計・構築・セールスと多岐に渡る ▼エンジニア歴20年 ▼VPS構築・データ移行サポート実績多数 ▼詳細画像や操作など細部に渡る記事執筆に定評有り

16GB対応VPSを比較

16GBプランに対応しているVPS(Windows版 VPS)は表のとおりです。

サービス名
Xserver VPS for Windows Server

ABLENET VPS


Winserver


ConoHa for Windows Server

さくらのVPS
月額料金15,840円~12,947円~15,950円~17,545円~16,638円~
キャンペーン月額料金最大20%OFF無し無し表示価格から8%OFF12ヵ月以上で1ヶ月分無料
プラン16GBWin5VPS23-16G16GBW16GB
CPU8コア8コア10コア8コア8コア
メモリ16GB16GB16GB16GB16GB
SSD容量100GB150GB1,000GB100GB800GB
最低利用期間1ヶ月~1ヶ月~1ヶ月~3ヶ月~1ヶ月~
比較ポイント業界最高性能
SSD容量が乏しい
サポートが手厚い
SSD容量が乏しい
お試し利用が可能
SSD大容量
有名VPS
SSD容量が乏しい
知名度No.1
SSD容量も多い

料金は高め
注意点特になし書面で解約する
場合あり
解約後に届く
メールをチェック
サービス維持調整費10%有り特になし
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
Windows版VPSの主力サービス5社

16GBプランに対応しているVPS(Linux版 VPS)は表のとおりです。

ランキング1位2位
VPS

Xserver VPS


シン・VPS
種別通常VPS通常VPS
プラン16GB2GB~
CPU8コア8コア
メモリ16GB16GB
SSD容量100GB800GB
月額料金7,200円~12,001円~
キャンペーン月額料金半額キャッシュバック月額料金最大30%OFF
最低利用期間1ヵ月~3ヵ月~
詳細ボタンプランを見るプランを見る
Linux版VPSで主力サービスの2社

比較から分かること

VPSにはWindowsが動いているVPSとLinuxが動いているVPSの2種類が存在しいます。

Windowsは一般的にLinuxよりも扱いやすい反面マイクロソフト製品であるが故にライセンスなどの面からコストがかかります。

一方でLinuxは扱いにくいイメージがありますが、オープンソースであるためコストをぐっと抑えることが可能です。

16GBプランはハイグレードな性能であるため、大規模なサイトの運営、数百人が集まるSNS運用、オンラインゲームなどに向いています。

オンラインゲームでの利用の場合、ゲームプログラムが動けば良いのでSSD容量はあまり問われませんが、大規模サイトやSNS運用となるとSSD容量も考慮する必要があります。

上記の考察より、16GBプランでおすすめのVPSは以下の2つに絞ることが出来ます。

16GBプラン対応のVPS詳細

16GBプランのVPS【比較で重要な目安】

16GBプランのVPSを比較する際、重要となる目安は下記の3つ。

  • 月額料金
  • SSD容量
  • CPUコア数

月額料金

月額料金はこのランクのプランになってくるとコンシューマー向けのプランではなくなってくるので、大きな割引もなくなってきます。

そのため、12ヶ月、24ヵ月、36ヶ月などで契約をするのではなく、月単位で利用していくことも視野に入れるべきでしょう。

特に企業で利用する場合、来期の予算によってはすぐにプランを切り替える必要性も出てくるためおすすめの契約方法です。

SSD容量

16GBプランなどハイスペックプランになってくるとSSD容量も検討材料のひとつとなるでしょう。

ファイルサーバー用途をはじめ、データを大量に扱う場合はSSD容量も視野に入れたいところ。

そこで盲点になるのが、ディスクアクセス性能。

データを大量に扱うとなるとアクセス頻度も増えます。そのときに、考慮したいのでディスクの「性能」です。容量だけに目を向けがちですが、「SSD自体の性能」も考えなくてはなりません。

ちなみにSSDの大容量を第一に考えている場合はディスクアクセスに定評のあるシン・VPSを候補に入れて置きその後予算と相談して決定することをオススメします。

CPUコア数

コア数は多いに越したことがありません。とは言え、用途次第によってはそこまで神経質になる必要もなし。

平均的なコア数は8コアですので、重要度は低めで問題ありません。

なお、処理速度を重視するならXserver VPSXserver VPS for Windows Serverをオススメします。AMD EPYCは先端技術関係の開発で扱われるほどの高性能であるため。

Xserver VPS for Windows Server【高性能で選びたい】

プラン月額料金メモリSSD容量CPUOS転送量通信速度
16GB12,672円~16GB100GB8コアWindows Server 2019,2022無制限10Gbps
16GBプランの詳細

Xserver VPS for Windows Serverは、業界最高性能のパーツ(AMD EPYC CPUやNVMe SSD)が使われているVPSです。

ただし、SSD容量が標準では100GBなので、用途が限られてしまう場合があります。有料ではありますが、200GB増量し300GBに増やすことが可能。

とは言え、競合他社よりも高スペック(エックスサーバー調べ、当サイト実機調査調べ)でありながら、低コストを実現。

コストは抑えたい、でも性能重視は捨てられない人オススメです。

シン・VPS【SSD大容量・低コストで選びたい】

プラン月額料金メモリSSD容量CPUOS転送量通信速度
16GB12,001円~16GB800GB8コアLinux無制限10Gbps
キャンペーン利用で最大30%OFF

シン・VPSは、エックスサーバーが運営しているSSDにも力をいれているサービスです。

VPSの平均的なSSD容量は100GBですが、16GBプランでは800GBとかなりの大容量。

性能はXserver for Windows Serverと同じですが、SSDにもカスタマイズが施されており当サイトの独自調査でアクセス速度は一般的なSSDの20倍弱。

Linux版VPSの中では性能は最強レベル、しかもLinuxなので低コスト。サーバー性能とSSD性能も視野に入れたい人ならオススメです。

関連記事 シン・VPSの評判【選ぶ理由書いてます】

SSDも重視したい

Xserver VPS

プラン月額料金メモリSSD容量CPUOS転送量通信速度
16GB4,680円~16GB100GB8コアLinux無制限10Gbps
プラン比較(2/14まで実質35%オフ)

Xserver VPSは、Linux版VPSです。価格はLinux版VPSの中では最安値。

Windowsと違い、LinuxはOSが最小限で構成されているので、安定性は抜群。

ただし、16GBプランではありますが、SSD容量が100GBと心細いため、用途が限られてしまう場合があります。有料ではありますが、200GB増量し300GBに増やすことが可能。

とは言え、競合他社よりもやく3倍~4倍の高スペック(エックスサーバー調べ、当サイト実機調査調べ)でありながら、低コストを実現。利用者は激増中。

Linuxをメインに考えているならXserver VPSは低コストで高性能、おススメです。

ABLENET(エイブルネット)

プラン月額料金メモリSSD容量CPU
Win512,705円~16GB150GB8コア
ABLENET VPS

ABLENET VPSは、VPSの老舗。長年のノウハウが蓄積されているのでサポート対応が魅力的です。

用途はFX、テレワークなど万能的。メモリが多い点も大きな特徴です。

16GBを使うならWin5プラン。ABLENETはサポート対応に定評があるので、サポート体制を重視したい人におすすめ。

クリックして詳細を見に行く

Winserver

プラン月額料金メモリSSD容量CPU
VPS23-16G15,950円~16GB1,000GB10コア
Winserver

Winserverは、同等プランの中でもSSD容量、CPUコア数が多い点が特徴的。そのため、テレワーク利用などビジネス用途に最適です。

また、2週間のお試し利用も可能な点が始めてVPSを触る人に人気。

月額料金は他社と比べて高めの設定ですが、VPSを安心して触ってみたい人におススメです。

クリックして詳細を見に行く

ConoHa for Windows Server

プラン月額料金メモリSSD容量CPU
16GB15,972円~16GB100GB8コア
ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverは、FXやリモートワークにおススメのVPSです。また、お名前.comで有名なGMOが運営しているため安心感があります。

最大20日間を無料で使うことが可能。最低利用期間の設定もなく手軽に16GBプランを試すことができます。

ただし、月額料金が高め、SSD容量が少な目である点が頼りない印象…。FXやゲームサーバー用途などに限定すれば性能を活かすことは可能です。

有名VPSを使いたい人におすすめのVPSです。

クリックして詳細を見に行く

さくらのVPS

プラン月額料金メモリSSD容量CPU
W16G16,638円~16GB800GB10コア
さくらのVPS

さくらのVPSは検証環境をはじめ、ビジネス用途に向いています。Microsoft Officeライセンスもありますので、テレワークにもおすすめです。

リージョン(サーバーのある場所)は大阪と石狩にありますので、お住まいの地域やオフィスの地域ごとで選ぶとサーバー性能をより発揮できます。

クリックして詳細を見に行く

16GB対応VPSを比較:まとめ

16GBプランに対応しているVPS(Windows版 VPS)は表のとおりです。

サービス名
Xserver VPS for Windows Server

ABLENET VPS


Winserver


ConoHa for Windows Server

さくらのVPS
月額料金15,840円~12,947円~15,950円~17,545円~16,638円~
キャンペーン月額料金最大20%OFF無し無し表示価格から8%OFF12ヵ月以上で1ヶ月分無料
プラン16GBWin5VPS23-16G16GBW16GB
CPU8コア8コア10コア8コア8コア
メモリ16GB16GB16GB16GB16GB
SSD容量100GB150GB1,000GB100GB800GB
最低利用期間1ヶ月~1ヶ月~1ヶ月~3ヶ月~1ヶ月~
比較ポイント業界最高性能
SSD容量が乏しい
サポートが手厚い
SSD容量が乏しい
お試し利用が可能
SSD大容量
有名VPS
SSD容量が乏しい
知名度No.1
SSD容量も多い

料金は高め
注意点特になし書面で解約する
場合あり
解約後に届く
メールをチェック
サービス維持調整費10%有り特になし
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
Windows版VPSの主力サービス5社

16GBプランに対応しているVPS(Linux版 VPS)は表のとおりです。

ランキング1位2位
VPS

Xserver VPS


シン・VPS
種別通常VPS通常VPS
プラン16GB2GB~
CPU8コア8コア
メモリ16GB16GB
SSD容量100GB800GB
月額料金7,200円~12,001円~
キャンペーン月額料金半額キャッシュバック月額料金最大30%OFF
最低利用期間1ヵ月~3ヵ月~
詳細ボタンプランを見るプランを見る
Linux版VPSで主力サービスの2社

16GBプランのVPSを比較する際、重要となる目安は下記の3つ。

  • 月額料金(割引率が低いので1ヶ月契約がおすすめ)
  • SSD容量(アクセス性能も考慮する)
  • CPUコア数(8コアをひとつの目安とする)

上記の参考に16GBプランのVPSを選定すると以下の3サービスが有力であることがわかります。

意外と知らない人多数!

MacパソコンでもVPSは使える?

とても便利なVPS。安定性・コスパも最高。でも、知らなかったという人多数…!

MacでVPSは使えます。

  • FX自動売買
  • テレワーク
  • ゲームサーバーの構築・設定

MacでVPSを使う方法と安定性・コスパにすぐれたVPSのご案内はこちら。今からでも遅くはありません。

-VPS比較
-, , , , , ,

0
ご質問はこちらからどうぞ!【すぐにお返事します】x