PR VPS

【Xserver VPS for Windows Server】リモートデスクトップをする方法

  1. ENGIWORKS HOME >
  2. VPS >

【Xserver VPS for Windows Server】リモートデスクトップをする方法

 

Xserver for Windowsはリモートデスクトップ接続して使います。

 

VPSとは仮想的なサーバーという意味ですが、最近ではインターネット上のパソコンという意味で使われることも多くなってきました。

 

インターネット上に仮想的に作られたパソコンなので、あなたが今持っている「パソコンの上でネット経由でパソコンを動かす」ので、初めてVPSを使う人にとっては摩訶不思議な状態だったりします。

 

VPSを使う場合、手元にあるパソコンの性能は一切関係なく高性能パソコンを使うことができます。また、Macパソコンでも、Androidスマホ、iPhone/iPadでも同じVPSを使うことが可能!

 

ネットにさえつながればどこからでも使えるという点も人気のひとつ。

 

IT系の企業の中では、情報漏洩対策として手元のパソコンには一切データは置かずすべてVPS上で業務を行っています。

 

テレワークを推進している企業ほどこの仕組みを使っており、自宅でも、オフィスでも場所に関係なく仕事をすることが可能になっています。

 

この記事は、VPSへリモートデスクトップする方法を下記の4つ方法で解説します。

  • WindowsパソコンからVPS接続
  • MacパソコンからVPS接続
  • AndroidスマホからVPS接続
  • iPhoneスマホからVPS接続

 

 

Xserver for Windowsでリモートデスクトップをする方法

 

手順は2つとシンプルです。

 

Xserver for Windowsの管理画面でIPアドレスを確認します。作業はこれだけ。

Xserver for Windowsの管理画面でIPアドレスを確認します。作業はこれだけ。

 

次にリモートデスクトップ接続したい端末の項目をご覧ください。

 

WindowsパソコンからVPS接続

お使いのパソコンがWindowsの場合のリモートデスクトップ接続方法です。

 

Windowsの検索ウィンドウで「rdp(またはmstsc)」と入力しエンターキーを押すとリモートデスクトップ接続アプリが起動します。

Windowsの検索ウィンドウで「rdp(またはmstsc)」と入力しエンターキーを押すとリモートデスクトップ接続アプリが起動します。

 

VPS管理パネルに表示されているIPアドレスをリモートデスクトップ接続の「コンピューター」の部分に入力し「接続」をクリックします。

VPS管理パネルに表示されているIPアドレスをリモートデスクトップ接続の「コンピューター」の部分に入力し「接続」をクリックします。

 

警告画面がでますので、「はい」をクリックします。

警告画面がでますので、「はい」をクリックします。

 

ユーザー名に「Administrator」パスワードにWindowsイメージ設定時に入力したパスワードを入力し「OK」をクリックします。

ユーザー名に「Administrator」パスワードにWindowsイメージ設定時に入力したパスワードを入力し「OK」をクリックします。

 

Windowsにリモートデスクトップ接続ができました!

Windowsにリモートデスクトップ接続ができました!

画面はクリックして大きくできます

 

サーバーマネージャーが開かれていることがありますが、右上の×ボタンで閉じてください。

 

これでWindowsを使う準備が整いました!

これでWindowsを使う準備が整いました!

画像クリックで大きくできます

 

MacパソコンからVPS接続

お使いのパソコンがMacの場合のリモートデスクトップ接続方法です。

 

App Storeからmicrosoft remote desktopをインストールします。すでにインストール済みの場合は飛ばしてください。

App Storeからmicrosoft remote desktopをインストールします。すでにインストール済みの場合は飛ばしてください。

 

Microsofr Remote Desktopを開きます。

Microsofr Remote Desktopを開きます。

 

品質関連の情報を提供するかどうかを選びます。しない場合は「Not now」をクリックします。

品質関連の情報を提供するかどうかを選びます。しない場合は「Not now」をクリックします。

 

Remote Desktop必要に応じてOK/許可しないを選びます。VPSの接続だけでしたら「許可しない」でも構いません。

Remote Desktop必要に応じてOK/許可しないを選びます。VPSの接続だけでしたら「許可しない」でも構いません。

 

同様にカメラへのアクセスを許可するかしないかを選びます。

同様にカメラへのアクセスを許可するかしないかを選びます。

 

ここでは許可しないを選んでいます。

ここでは許可しないを選んでいます。

 

「Add PC」をクリックします。

「Add PC」をクリックします。

 

VPSのIPアドレスを入力し「Add」をクリックします。

VPSのIPアドレスを入力し「Add」をクリックします。

 

接続先が追加されました。今後はこれをダブルクリックするとVPSへ接続ができます。

接続先が追加されました。今後はこれをダブルクリックするとVPSへ接続ができます。

 

Usernameに「Administrator」を入力、Passwordに「Windowsイメージ作成時に入力したAdministratorパスワード」を入力します。最後に「Continue」をクリックします。

Usernameに「Administrator」を入力、Passwordに「Windowsイメージ作成時に入力したAdministratorパスワード」を入力します。最後に「Continue」をクリックします。

 

RDP接続でエラーメッセージがでますがこれは無視でOK。「Continue」をクリックします。

RDP接続でエラーメッセージがでますがこれは無視でOK。「Continue」をクリックします。

 

Windows VPSへ接続できました。画像はMT4というアプリが動いている状態です。

Windows VPSへ接続できました。画像はMT4というアプリが動いている状態です。

 

AndroidスマホからVPS接続

お使いのスマホがAndroidの場合のリモートデスクトップ接続方法です。

 

PlayストアからRemote Desktopアプリをインストールします。

PlayストアからRemote Desktopアプリをインストールします。

 

アプリを起動したら「手動で追加」をタッチ。

アプリを起動したら「手動で追加」をタッチ。

 

VPS管理でメモしたIPアドレスを入力し「保存」をタッチ。

VPS管理でメモしたIPアドレスを入力し「保存」をタッチ。

 

接続先が作成されました。赤枠部分をタッチします。

接続先が作成されました。赤枠部分をタッチします。

 

ユーザー名に「Administrator」、パスワードに「Xserver for Windows作成時に設定したAdministratorのパスワード」を入力。最後に「続行」をタッチします。

ユーザー名に「Administrator」、パスワードに「Xserver for Windows作成時に設定したAdministratorのパスワード」を入力します。

 

証明書を検証できません。と表示されますがお決まりのエラーメッセージなので「接続」をタッチします。

証明書を検証できません。と表示されますがお決まりのエラーメッセージなので「接続」をタッチします。

 

Xserver for WindowsのVPSに接続ができました。画面は縦長の場合。

Xserver for WindowsのVPSに接続ができました。画面は縦長の場合。

 

 

横にすることも可能。こちらが使いやすいですね。

横にすることも可能。こちらが使いやすいですね。

 

画面操作する場合、アイコンを直接タッチするのではなく、画面上に表示されているマウスカーソルを指で操作して動かしアプリなどのアイコンをタッチします。

画面操作する場合、アイコンを直接タッチするのではなく、画面上に表示されているマウスカーソルを指で操作して動かしアプリなどのアイコンをタッチします。

 

iPhoneスマホからVPS接続

お使いのスマホがiPhoneの場合のリモートデスクトップ接続方法です。

 

AppストアでMicrosoftリモートデスクトップをインストールします。

AppストアでMicrosoftリモートデスクトップをインストールします。

 

右上の「+」をタッチします。

右上の「+」をタッチします。

 

デスクトップをタッチします。

デスクトップをタッチします。

 

管理パネルでメモしたIPアドレスを入力し「完了」タッチします。

管理パネルでメモしたIPアドレスを入力し「完了」タッチします。

 

保存をタッチします。

保存をタッチします。

 

接続先が作成されたのでアイコンをタッチします。

接続先が作成されたのでアイコンをタッチします。

 

ユーザー名に「Administrator」、パスワードに「Xserver for Windows作成時に設定したAdministratorのパスワード」を入力。最後に「続行」をタッチします。

ユーザー名に「Administrator」、パスワードに「Xserver for Windows作成時に設定したAdministratorのパスワード」を入力。最後に「続行」をタッチします。

 

承諾をタッチします。

承諾をタッチします。

 

Xserver for WindowsのVPSにリモートデスクトップ接続ができました。アプリを起動する場合はアプリのアイコンを直接タッチします。

 

アプリが起動できました。

 

【疑問】リモートデスクトップの画面を閉じたらVPSはどうなるの?

VPSはあなたのパソコンで動いているわけではありません。Xserver for Windows上にあるWindowsへリモートデスクトップと言う機能を使って画面をのぞいている状態です。

 

そのため、リモートデスクトップを閉じたい場合は「×」ボタンをクリックして画面を閉じてください。覗いている画面を閉じるだけですので、VPSはそのまま動いています。

Macの場合は左上の赤いボタンで切断できます。

 

Windowsパソコンの場合、切断するときにメッセージも出力されます。「OK」をクリックして切断しましょう。

 

国内最速級【安定性・コスパNo.1】

最大30%キャッシュバック【4/9まで】

 

[st-back-btn text="前に見ていた記事へ戻る" webicon="st-svg-reply"]

 

【Xserver for Windows】リモートデスクトップをする方法:まとめ

 

VPSを使う場合、手元にあるパソコンの性能は一切関係なく高性能パソコンを使うことができます。また、Macパソコンでも、Androidスマホ、iPhone/iPadでも同じVPSを使うことが可能!

 

ネットにさえつながればどこからでも使えるという点も人気のひとつ。

 

端末を選ばず操作ができるVPSをぜひ活用してみてください。

 

 

国内最速級【安定性・コスパNo.1】

最大30%キャッシュバック【4/9まで】

 

[st-back-btn text="前に見ていた記事へ戻る" webicon="st-svg-reply"]

 

意外と知らない人多数!

MacパソコンでもVPSは使える?

とても便利なVPS。安定性・コスパも最高。でも、知らなかったという人多数…!

MacでVPSは使えます。

  • FX自動売買
  • テレワーク
  • ゲームサーバーの構築・設定

MacでVPSを使う方法と安定性・コスパにすぐれたVPSのご案内はこちら。今からでも遅くはありません。

ゲームサーバーを立てたい!

みんな使ってる定番のサーバー3選

マイクラ・パルワールド・ARKなどなど…。友たち・知人だけで遊びたいならゲームサーバーは必須。

今は自分で知識も不要で簡単にサーバーが作れます。必要なものはすべてそろっています!もちろん、高性能で低コスト!

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐにサーバーが起動
  • 用意するものは何もなし!

知識不要ですぐに遊べるゲームサーバーはこちらでご案内。とても簡単に作れます。

FX専用VPSで安心取引!

約定スピードが超高速・安定の取引を

FX取引はVPS上が定番。24時間稼働でも安定稼働・電気のコストも抑えられ、安定した取引も実現。

パソコンが壊れる心配もなく、デバイスも問わないのでいつでもどこでも取引出来ます。もちろん、利用コストも抑えられます。

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐに始められる

知識不要ですぐFXが始められます。申し込みも簡単。

  • この記事を書いた人

はやみん@ENGIWORKS

▼ENGIWORKS(エンジワークス)運営者 ▼本業はサーバー系、ネットワーク系の保守・運用・設計・構築・セールスと多岐に渡る ▼エンジニア歴20年 ▼VPS構築・データ移行サポート実績多数 ▼詳細画像や操作など細部に渡る記事執筆に定評有り ▼職務経歴などもご覧ください。

-VPS
-, ,

0
ご質問はこちらからどうぞ!【すぐにお返事します】x