PR VPS

シンVPSとXserver VPSを比較【選ぶポイントがわかる!】

  1. ENGIWORKS HOME >
  2. VPS >

シンVPSとXserver VPSを比較【選ぶポイントがわかる!】

 

エックスサーバー株式会社は新たにシンVPSをリリースしました。

 

これでエックスサーバー株式会社はXserver VPSシンVPSと2つのLinux系VPSを展開していることになります。

 

そこで出てくる悩み…。「どっちのVPSが良いの?」というもの。

 

じつはXserver VPSシンVPS明確に違いがあります。

 

この記事では下記について比較をしています。

  • プラン
  • 契約期間・価格
  • テンプレート
  • サポ―ト
  • 性能比較

 

 

取り急ぎ簡単に選び方について説明しておきます。

 

こんな場合はシンVPS

  • 少人数でゲームを楽しむ
  • 中規模・大規模なSNS運営・開発環境
  • FX自動売買のMT4の約定スピードにこだわりたい

 

こんな場合はXserver VPS

  • 中・大人数でゲームを楽しむ
  • 小規模なSNS運営・開発環境
  • ディスク性能よりもCPUメモリ性能を重視したい

 

それでは詳しく説明していきます。最後までご覧になって下さい。

 

シンVPSとXserver VPSを比較

 

この章ではXserver VPSシンVPSの以下5パターンを比較していきます。

 

  • プラン
  • 契約期間・価格
  • テンプレート数
  • サポ―ト
  • 性能比較

 

プラン(CPU/メモリ/ディスク容量)

まずは、各サービスのプランとディスク容量を比較。

サービス名 シンVPS Xserver VPS
プランの数 7プラン 6プラン
最低プラン 512MB 2GB
最高プラン 32GB 64GB
ディスク容量(最低容量) 30GB 50GB
ディスク容量(最高容量) 1.6TB(1,600GB) 100GB

 

大きな特徴はシンVPSのディスク容量にあります。

 

シンVPSでは、最大プランとなる32GBををけいやくするとディスク容量が1.6TB(1,600GB)にもなります。

 

また最低プランとなる512MBはシンVPSにしかありません。とは言え、512MBではPythonやNode.jsなどおひとりで勉強する程度などの利用に留めた方が良いでしょう。

 

ゲームサーバーやFXの運用には最低プランの512MBは役不足です。

 

MisskeyやMastodonなどは大規模な運用になるとディスク容量を多く消費するため、シンVPSはかなり魅力的です。

 

逆にゲームサーバーの運用の場合はディスク容量よりもCPU/メモリ性能がモノを言うのでXserver VPSの性能を引き継いでいるXserver for Gameを選びましょう。

Xserver for GameXserver VPS性能は引き継いでいてゲームサーバー用途としてカスタマイズされています。

 

プランを比較してみました。

※シンはシンVPS、XserverはXserver VPSを表しています。

シン 512MB 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB
Xserver 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB

 

CPU/メモリ/ディスク容量を比較してみました。

※シンはシンVPS、XserverはXserver VPSを表しています。

512MB 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
シン 30GB/SSD 100GB 150GB 200GB 400GB 800GB 1,600GB
1個/CPU 2個 3個 4個 6個 8個 12個
512MB/メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB
Xserver 50GB 100GB 100GB 100GB 100GB 100GB
3個 4個 6個 8個 12個 24個
2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB

 

青色で塗りつぶしている部分はCPU/メモリ性能はXserver VPSシンVPSで同じです。ただし、SSD(ディスク)容量は圧倒的にシンVPSが有利。

 

塗りつぶし部分の範囲のプランを選ぶ場合、ディスク容量で選びましょう。

 

データベースの構築やデータ保存を多く必要とするMisskeyやMasotodonなどで中規模・大規模運営を考えているならシンVPS、小規模程度ならXserver VPSというような選び方をすればOKです。

 

なお、Xserver VPSやシンVPSはディスク容量を増やせるオプションがあります。

※シンはシンVPS、XserverはXserver VPSを表しています。

容量 料金
シン 100GB 1,100円
Xserver 200GB 2,750円

 

Xserver VPSは、200GBで2,750円なので、100GB換算でも1,375円となり割高。ディスク容量重視ならシンVPSを選べば失敗することはありません。

 

契約期間・月額料金

 

契約期間についてはXserver VPSシンVPSで同じです。

  • 1ヵ月
  • 12ヵ月
  • 24ヵ月
  • 36ヶ月

 

ただし最低利用期間が異なります。

 

シンVPSは1ヵ月契約は可能ですが、3ヵ月間は最低でも利用する必要があります。

 

長い期間使うことを想定している場合最低利用期間は気になりませんが、「1ヵ月だけ、2ヵ月だけで良い」という場合はXserver VPSを選べばコストを抑えて使うことができます。

 

月額料金を比較してみます。両サービスはキャンペーン中で下表よりも割安になっていますが、比較のため素の状態の価格(36ヶ月契約の場合の料金)で比較をしています。

※シンはシンVPS、XserverはXserver VPSを表しています。

512MB 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64GB
シン 620円 820円 1,530円 3,091円 6,000円 12,001円 24,000円
Xserver  830円 1,700円 3,201円 7,200円 18,500円 38,000円

 

価格はXserver VPSが格安です。

 

シンVPSが高い理由、Xserver VPSが格安な理由はディスク容量の違いにあります。

 

CPUやメモリと違いディスク容量は物理的に設備を増やす必要があるためどうしてもコストがかかります。

CPUやメモリは仮想的に増やすことができるためコストが安く抑えられます。

 

保存重視に考えたときはシンVPS、処理性能重視に考えたときはXserver VPSを選べば間違いはないはずです。

 

テンプレート数で比較

VPSにはテンプレートというものが用意されています。

 

テンプレートとは完成品と言い換えることができ、例えばUbuntuならUbuntuの基本設定が完成している状態となります。

 

ほかにも、、、

  • マイクラのマルチサーバー
  • Misskey/Mastodonの基本設定

 

など、本来なら自分でOSをインストールし、プログラムをインストールという複雑で初心者には少し複雑な作業がテンプレートというものでカバーされているというわけです。

 

そしてこのテンプレート内容や数はシンVPSと、Xserver VPSでまったく同じです。

Xserver VPSの場合ゲームテンプレートはXserver for Gameにて別途用意されています。

 

ちなみに2023年11月現在でOSイメージは9種類、アプリイメージは53種類となっています。

 

サポートを比較

サポートを表で比較してみました。

 

シンVPS Xserver VPS
電話 有り 有り
メール 有り 有り
チャット なし 有り

 

サポートの違いはチャットの有無です。

 

メールや電話でもサポートは十分です。チャット(平日10時~18時まで)は夜中には対応していないのであまり気にする部分ではないでしょう。

 

「どうしても」チャットでサポートを迅速に受けたいのであれば、Xserver VPS一択。

 

シンVPSとXserver VPS【選ぶ基準は?】

 

シンVPSとXserver VPSのどちらを選ぶのが最良なのか。

 

ディスク容量、契約期間、月額料金を基本に選べばOKです。

  • Misskey/Mastodonなどデータベースやデータ保存を多く使うサービスを構築したいならディスク容量が多いシンVPS
  • 1ヵ月、2ヵ月ほど短期集中して使うのであればXserver VPS
  • 月額料金を抑えたいならXserver VPS

 

開発環境をいくつも保存したい、ゲームサーバーをいくつも切り替える場合は、シンVPSが良いですね。

 

とにかくデータを保存に特化したいならシンVPSです。

 

FXの利用を考えている場合

なお、FX利用を考えているならさらにLinuxで運用をするか、Windowsで運用をするかも考慮する必要があります。

 

シンVPSXserver VPSはLinuxがベースですがMT4を動かすことは可能。これは下記の記事で構築方法を徹底的に説明していますので、Linux初心者でも立てることができます。

約定スピードアップやコストを抑えることができるメリットがある反面、MQL5や通知機能が使えないデメリットがあります。

 

MQL5を使いたい場合、WindowsでMT4を運用したい場合はFXに特化したシンクラウドデスクトップ for FXというVPSがあります。

シンクラウドデスクトップ for FXでMT4を設定する方法【FX自動売買専用VPS】

続きを見る

 

シンクラウドデスクトップ for FXもエックスサーバー株式会社が提供しているサービスですので、性能は間違いなしです。利用者も増えてきています。

 

まとめると、、、

 

シンVPSとXserver VPSを比較:選ぶポイントはディスク!

 

Xserver VPSシンVPSではCPU/メモリ性能は同じです。では、どこで差別化がされているか。

 

それはディスク容量。

  • Xserver VPSは、ディスク用量が抑えられている分格安。
  • シンVPSは、ディスク容量が豊富に用意されている分Xserver VPSよりもコスト高。

 

ディスク容量が多ければVPSのバックアップをしておくことが可能。

 

例えば、ゲームサーバーをいくつも運用する場合はVPS自体をバックアップしておくことでワンクリックでゲームサーバーを入れ替えることができます。

 

これはディスク容量がものを言います。

 

安全なVPS運用に自信がない場合はシンVPSディスク容量を活かしてバックアップを日ごろから取っておけばいざというときも安心ですね。

 

逆にVPS運用に自信がある場合はXserver VPSXserver for Gameでコストを抑えた運用が実現できます。

 

 

意外と知らない人多数!

MacパソコンでもVPSは使える?

とても便利なVPS。安定性・コスパも最高。でも、知らなかったという人多数…!

MacでVPSは使えます。

  • FX自動売買
  • テレワーク
  • ゲームサーバーの構築・設定

MacでVPSを使う方法と安定性・コスパにすぐれたVPSのご案内はこちら。今からでも遅くはありません。

ゲームサーバーを立てたい!

みんな使ってる定番のサーバー3選

マイクラ・パルワールド・ARKなどなど…。友たち・知人だけで遊びたいならゲームサーバーは必須。

今は自分で知識も不要で簡単にサーバーが作れます。必要なものはすべてそろっています!もちろん、高性能で低コスト!

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐにサーバーが起動
  • 用意するものは何もなし!

知識不要ですぐに遊べるゲームサーバーはこちらでご案内。とても簡単に作れます。

FX専用VPSで安心取引!

約定スピードが超高速・安定の取引を

FX取引はVPS上が定番。24時間稼働でも安定稼働・電気のコストも抑えられ、安定した取引も実現。

パソコンが壊れる心配もなく、デバイスも問わないのでいつでもどこでも取引出来ます。もちろん、利用コストも抑えられます。

  • 月額1,000円~
  • 申し込みするだけですぐに始められる

知識不要ですぐFXが始められます。申し込みも簡単。

FX自動売買初心者必見

簡単設定・複利運用・ロスカットがない自動取引EA 無料配布中

当サイト利用中のFX自動売買用のEA「Stable3」を無料配布中!

  • VPS上での利用OK!
  • 指定口座の利用でStable3が永久無料!
  • 指定口座制限なしのStable3でも60日間試用OK!
  • 予告なく配布を完了する場合がありますので、お早めにどうぞ…。
  • この記事を書いた人

はやみん@ENGIWORKS

▼ENGIWORKS(エンジワークス)運営者 ▼本業はサーバー系、ネットワーク系の保守・運用・設計・構築・セールスと多岐に渡る ▼エンジニア歴20年 ▼VPS構築・データ移行サポート実績多数 ▼詳細画像や操作など細部に渡る記事執筆に定評有り ▼職務経歴などもご覧ください。

-VPS
-, ,

0
ご質問はこちらからどうぞ!【すぐにお返事します】x